昭永ケミカルとは

ページをプリント

信頼と安心のサービス提供

昭永ケミカル株式会社はOEM専業メーカーとして、シンナー、塗料(油性・水性・調色)、インキ、樹脂溶解(クリアー・硬化剤・硝化綿)、電子材料用洗浄剤、バッテリー材料等の受託生産を担い、お客様へ信頼と安心のサービス提供を追求します。

現在全国に7つの工場(つくば、千葉、名古屋、半田、川西、神戸、福岡)と4つの営業拠点(大阪本社、東京支社、名古屋支店、福岡支店)を有し、高い品質精度でお客様のニーズにマッチする製品を生産すると同時に、受注から納品までスピーディな対応と物流・貯蔵コストの低減にも寄与する体制を整えています。
当社最大のシンナー事業は、全国4工場で受託していますが、名古屋、神戸、福岡の各工場はケミカルタンクヤード内に立地し、主要溶剤はパイプラインで入荷しており、原料供給面でも安心頂ける利点を有しています。
また、万一の災害時には、生産現場でのコンピュータ化が進む中、自社工場のバックアップシステムで即座に対応出来る体制や、自社工場の別拠点より代替供給出来る体制も構築しており、BCPの強化に取組んでいます。

これらをベースとして、「高い品質精度」「納期対応」を「競争力あるコスト」で提供し、BCPや安定供給においてもお客様から信頼と安心を頂ける日本一のOEMメーカーを目指します。

革新と挑戦

平成29年度は経営陣の若返り(世代交代)を図りました。
過去の慣習にとらわれず、「会社を良くする為には何をすべきか」「改善すべき点、成長出来る点は何か」を経営陣から各部署のレベルに至るまでが常に考え、発信・提案し、自由闊達に議論する風通しの良い企業を目指します。

お客様のニーズがある限り、設備投資も果敢に行ってゆきます。近年はつくばと半田の両工場で物流能力を含めた設備増強を実施し、平成28年からは川西工場でも同様に能力増強含めた再構築を進めています。また分散技術の向上を図る為、つくば工場では分散ラボも設置しました。
お客様の戦略的な取組みの一翼を担えるパートナー企業となれるよう、お客様のニーズに応えるだけでなく、生産・物流上の課題も解決できる力を身につけ、提案も出来る企業へと成長出来るよう挑戦を続けます。

ページトップへ戻る